ムダ毛とサヨナラ、粋小町のキレイな身だしなみ!

粋脱毛小町

クリニック

クリニック サロン

脱毛クリニックと脱毛サロンの選び方!?

脱毛に関連の広告を眺めていると、金額も脱毛の呼び方も様々あることに気づきます。この違いは、どこから来るのでしょうか。実は脱毛を行うところが、クリニックかサロンによる違いが大きいのです。

同じ脱毛施術でも、有資格者が行うものと誰でもできるものと区別されています。ここでは、その違いを見ていきましょう。

脱毛クリニックと脱毛サロンはどう違うのか?

脱毛そのものは、どのような施設であっても行うことができます。ただし、医療行為とみなされる行為は人体を傷つける行為と裏腹ですので、資格が必要になります。

脱毛を医療機関でするかサロンでするか悩んでいる方は、まずそれぞれの違いとメリット、デメリットについて調べてみましょう。医療機関とサロンとでは、脱毛効果や期間に違いがあるので、それぞれの特徴を調べて自分に合った脱毛方法を選びましょう。

クリニックとサロンの脱毛方法を比べてみる

クリニックはいわゆる医療機関に属します。○○病院皮膚科、○○美容整形外科や○○医院と同じ意味合いになります。その中では法律で定められた医療行為が行われます。一方サロンというのは、医療行為以外を行います。

なぜ○○皮膚科などわかりやすい名前にしないのかと言えば、ひとえに経営的判断です。医師それぞれに専門があって、ピンポイントで美容に特化して開院しているというアピールでもあります。
ichiro
 クリニックサロン
別名皮膚科、美容外科、医院などエステ、セラピーなど
脱毛行為を行う者医師及び看護師エステシャン
医療行為行える行えない
麻酔の使用可能不可能
医療脱毛可能認められていない
脱毛効果強力弱い
脱毛期間比較的短い比較的長い
料金比較的高価低価格帯からあり
脱毛器医療用サロンオリジナルなど
施設数多め

脱毛ができるからといって、クリニックでもサロンでも同じ内容ではありません。クリニックは、脱毛の施術は医師や看護師によって行われます。一方、サロンの場合は、エスティシャンが脱毛を行います。違いは、法律に基づく医療関係の資格があるか無いかです。

tomoko
資格といえば徹夜で勉強して、一週間ほどで取得できるものから、数年以上必要取得に必要なものまでありますが、クリニックで具体的に必要な資格はね医師免許や看護師資格のような、取得まで時間と労力と能力を有する難易度の高いものです。

脱毛を行うエスティシャンはその知識と技術があるのが前提ですので、通常は問題なさそうですが、法律上、医療行為を行うことが許されていません。決定的な違いは、事故的に皮膚にやけどなどのトラブルが発生した場合、薬を処方して医療行為を継続できるのがクリニックで、サロンの場合は専門の皮膚科を紹介することぐらいしかできないという点です。医療行為を伴うアフターケアを行えるのはクリニックですので、肌が弱いなど、心配事が多い方はクリニックの方が安心だと思います。
脱毛施設として見た場合、いくつかの医療行為に準じるとされる脱毛行為もクリニックだけに許されている点も抑えておきましょう。

sanae
サロンを利用したいという方で、看護学生のエスティシャンが働いている店なら、少しは安心です。というのも、医療に関する医学知識そのものは、それなりの勉強を長期間行い、現場に出ていないと身につかないからです。美容知識だけ豊富な人より、多少なりとも専門の医療行為の知識がある人の方が安心できるとは思います。

脱毛効果と完了までの期間の違いは?

多くのクリニックでは医療レーザーを用いて、出力を高度に制御して毛乳頭を壊します。医療レーザーを複数回にわたって照射することでムダ毛の出現を防ぎ、永久脱毛となります。一方、サロンの場合はフラッシュ脱毛や光脱毛などの、医療用でない低出力レーザーでの脱毛になります。そのため、同回数のレーザー出力であっても毛乳頭まで届けられず、ある程度の期間経過後にまた毛が生えてくるのが普通です。

毛周期に合わせてレーザーを照射することは、クリニックもサロンも変わりは無いのですが、サロンでのVIO脱毛は完了まで1年程ほど要する場合でも、クリニックではそれ以下で済むことが多いです。サロンでの脱毛はそれほど強力ではないので、しばらくしてから薄く生え始め出すのが普通ですが、クリニックの場合はその可能性は抑えられます。扱えるレーザーの出力の違いが、脱毛の完成度に表れるということになります。

クリニックとサロンのメリットとデメリット

クリニックで行う脱毛施術はサロンで行うよりも脱毛効果が高く、有資格者でないと施術できないため、料金は必然的に高くなります。クリニックごとに料金は異なるせよ、VIO脱毛6回コースの場合30万円前後が平均的です。一方、サロンの場合は数千円からプランが存在し、キャンペーンなどが利用できれば安い料金で脱毛を経験できるのがメリットです。また、サロンのエスティシャンは脱毛について気軽に話せる人が多いので、様々な情報を得て次回の部位の脱毛の参考にもできます。一方でクリニックの医師や看護師は、職業上、効果が医学的に認められていないようなもの(責任が持てないもの)については話してくれません。

麻酔が使用できるかの違い

脱毛はクリニックでもサロンでも、多かれ少なかれ痛みが生じます。特にVIO脱毛など、皮膚が薄くデリケートな部位は、レーザー出力を高めにして施術する場合は痛みが生じますので、麻酔が利用できるクリニックに分があるといえます。医療レーザーは出力が高く高出力ですので、完全脱毛をしたい方や、顔の敏感なポイントの脱毛も考えている方は、麻酔に関する知識を有しているか、その施術ができるかどうかはポイントです。

クリニックとサロンでは、使用が許される脱毛機器が全くの別物ですので、狙える効果と全体としての施術期間に大きな違いが出る可能性も考慮しておくと、選択を間違えません。

KIREIMO -キレイモ-

-クリニック, サロン
-, ,

Copyright© 粋脱毛小町 , 2019 All Rights Reserved.