ムダ毛とサヨナラ、粋小町のキレイな身だしなみ!

粋脱毛小町

VIO クリニック ケア サロン 剃毛 脱毛

Vラインをキメるための処理方法は?

VIO脱毛を考える人で、一番悩むとしたら、それはVラインでしょう。IラインやOラインをどう処理するかで悩む人はあまりいませんが、Vラインだけはバリエーションが豊富です。ここでは、どう処理していくべきか見ていきます。

Vライン脱毛の範囲は?

Vライン

Vラインとは?

Vラインとは、Vゾーン、ビキニゾーンと呼ばれることもあるビキニラインのことです。

脱毛やムダ毛処理でVラインといえば、ビキニや下着を着用した時に、隠せずに見えてしまう衣類と肌との境界線部分の意味になります。

着用するビキニや下着の面積やデザインによって境界線は異なるので、Vラインは個人差があるのが普通です。一般には正面から見て、両足の付け根部分の下着の線をVラインと呼びます。

Vライン脱毛はサロンやクリニックによって施術範囲が違う

Vライン脱毛の範囲については、各サロンやクリニックによって違いがあります。つまり施術料金の違いが生まれてしまいます。

下着との境界線、本来のVラインであるビキニラインだけを脱毛範囲とするところもあれば、ビキニラインを含めショーツ内側前面すべてを脱毛範囲とするところもあります。特にクリニックでは、後者のケースが多くなっています。

ムダ毛を見せたくないという目的だけなら、まず下着のライン(ビキニライン)上まわりの脱毛がターゲットになりますが、ほぼすべてのサロンやクリニックが追加料金なしで対応してくれる部分でもあります。

一方、Vライン脱毛の範囲がビキニラインのみのサロン・クリニックでも、前面を「Vライン上」「トライアングル」など別の部位として施術することはできますが、追加料金が発生するので、Vライン脱毛をする時はトータル費用がいくらになるのかを必ず確認するようにしましょう。

LEVIGA CLINIC

Vライン脱毛するメリット4つ

水着や下着などのオシャレを楽しめる

水着や下着からムダ毛がはみ出してしまうと、誰かを幻滅させてしまいます。女性なら何としても避けたいところ。パートナー、これからパートナーにしたい相手には絶対に見せられない最低限の身だしなみです。

Vラインは普段は人目にさらさないところなので、いざ披露する時には手入れが間に合わない、雑に処理してしてしまいせっかくのチャンスや好印象を与え損なってしまうことになりがちです。異性のみならず同性からもチェックされている部位ですので、温泉やプール、水着や裸になる機会が少なくてもある人は、普段からしっかりお手入れをしておきたいものです。

Vライン脱毛をすれば、毛がはみ出すことを心配して下着や水着を選ぶ必要もありません。大胆なデザインのものも綺麗に着こなせるから、オシャレを思い切り楽しむことができますよ。

危険な自己剃毛から解放される

Vラインはワキや腕などに比べて自分ではムダ毛の手入れが難しい部位です。

自分で視覚的に捉えにくいだけでなく、薄くデリケートな部位なので、カミソリなどを多用してしまうと肌へのダメージを無視できなくなります。結果的に肌トラブルで黒ずみなど色素沈着になってしまいがちな部位でもあります。また、伸びてきた毛が肌をチクチク刺激して、猛烈なかゆみに襲われることも少なくありません。

だから脱毛するメリットが出てきます。脱毛で面倒で気を使う自己処理から解放され、肌に負担をけずにすむので、キレイなVラインを維持できるようになります。黒ずみの恐怖やチクチク感からも解放されますよ。

蒸れやニオイから解放され衛生的に過ごせる

Vラインの蒸れやニオイに悩む女性は多いはず。しかし、気を抜けばムダ毛が伸びてくるのでリスクを負いつつもカミソリで処理する人が大半のはずです。

Vゾーンは下着に覆われているため蒸れやすく、汗や排泄物が毛に付着するため雑菌が繁殖しやすくなっています。そのため、ニオイやかゆみなどのトラブルが出ることがとても多いのです。

Vライン脱毛をして毛量を減らすと、その分だけ蒸れも減少します。さらに排泄物などの付着する事も抑えられて、雑菌の繁殖を抑え、嫌なニオイやかゆみからも解放されます。

生理時の不快感をずっと軽減できる

普段から蒸れやすいVラインですが、生理時はナプキンが陰部を直接覆うためさらに蒸れやすくなります。その上ムダ毛に経血が絡みつき、雑菌が繁殖してニオイやかゆみの元にもなります。

また、毛に絡みついた経血を拭き取るためにペーパーで何度もこすると肌に負担がかかり、荒れてしまうなど肌トラブルにもなりがちです。

Vライン脱毛をすればナプキンに経血が吸収されやすくなるため、ムダ毛に付着する経血の量も減りニオイやかゆみなどのトラブルを防ぐことができます。経血も毛にまとりついたものをこすらずにサッと拭き取れるので、肌への負担が激減します。

性的興奮を得やすくなる

ムダ毛が無くなることにより未処理の時にはなれなかった、大胆さが得られる、パートナー、恋人をより興奮させられるというのもメリットです。ただし、パートナー、恋人の性癖などにもよりますので、このメリットをそのままうのみにはしないでください。ムダ毛が少なくなり、より直接肌が触れ合えるという喜びを感じたという人もいます。いずれにせよ、自分が大胆になれるのであれば、間違いなくメリットだと考えていいと思います。

Vライン脱毛2つのデメリット

Vライン脱毛はいいことばかりかといえば、そうとも言い切れません。脱毛後はイイことが多いにしても、そうだとしたら皆が全員やりそうなものです。ここで、現実はどうなのかという点を見ていきましょう。

施術が少し恥ずかしい

アンケートによると多くの女性で、Vライン脱毛がイイと分かっていても第一歩を踏み出せない理由は「恥ずかしい」というのが大半でした。

自分でも直接見ることがまずないVライン、他人にじっくりと見られることには普通は抵抗を感じます。

しかし、素人に見せるわけではありません。プロの施術者に見せるだけです。Vラインの脱毛は約10~15分と短時間で終わります。一歩を踏み出して脱毛した人は、Vライン脱毛は「想像以上にあっけなく終わった」と答える人がほとんどです。施術中も部位は隠しながら、必要部位だけを露出するよう紙ショーツやタオルをめくりながら照射するので、実際のところ恥ずかしさはあまり感じないと思います。

施術者は脱毛のプロで、まず女性が対応してくれます。プロフェッショナルとしてこちらの恥ずかしいという気持ちを十分理解しているので、現実には何の心配もする必要はありません。

エルクリニック 「ハイジーナ脱毛」

脱毛に痛みを感じやすい

痛みは個人差が大きい感覚ですが、Vラインの脱毛は他の部位に比べて痛みを強く感じる部位です。その理由は、皮膚が薄くデリケートな部位である、黒ずみが起きやすい、生えている毛が太く根が深いということがあげられます。

Vラインは他の部位に比べ皮膚が薄い上、生えている毛が太いため、レーザーや光脱毛の場合には強いエネルギーで照射してやる必要が出てきます。レーザーや光は黒い色に強く反応するものを利用するので、色素沈着で黒ずみが出ている場合は、その黒ずみにも反応して痛みが余計に加わってしまいます。

痛みが気になる人は、肌に優しく痛みの少ない蓄熱式の脱毛を行うサロンやクリニックも検討しましょう。ベストな方法は、クリニックで麻酔を使用して、間違いなく脱毛処理してもらうことです。いずれにせよ、事前のカウンセリングで心配事はしっかり相談しておくことが大切です。

アンダーヘアのムダ毛を求めるパートナーもいる

例外的なケースかもしれませんが、恋人、パートナーにはムダ毛に性的興奮を覚える人もいます。そのような場合は、ムダ毛としてVライン脱毛してしまうと、相手を幻滅させてしまうということもあり得ます。特にパートナーに性的興奮が得られなくなると、男女関係にも支障をきたすこともあり得ますので、事前に相談するか探るなどの対策を考えましょう。もし、パートナーの否定的な意見があれば急いで脱毛しなくてもいいと思います。簡易アンケートでは、Vライン処理を好意的に捉える人が9割を超えますが、果たして男女間のリアルな関係でもアンケート通りになるかはまだ検討する余地のあるところです。

フフキュアモイスチャークリーム

Vラインはどうキメたいかで処理法が変わる

Vラインの脱毛準備としてシェービング(剃毛)を始める前にまず決めておかなければ進まないもの、

それはアンダーヘアを「残す・減らす・無くす」のどれで行くかということです。

原則はどの部分を残すかという点にのみ注意すれば大丈夫です。

Vラインを脱毛する典型3パターン

  1. 形を整えるだけ
  2. 毛量を減らして形を整える
  3. 全部なくす

「形を整えるだけ」でいい場合は、自分の残したい範囲を避けて剃っていきます。

「毛量を減らしたい」場合は1回目と2回目の施術ではすべて剃って、それ以降は形を整えていきましょう。

1,2回の脱毛で全体の毛量を減らすことが目的です。

3回目以降は形を整えて照射すれば毛量を減らしながら形も整えることができます。

「全部なくしたい!」という人は粘膜部に気を付けながらすべて剃るようにしましょう。

月額

自分でどのようなデザイン、アンダーヘアスタイルにすべきか決めかねる場合は、カウンセリング時に相談にのってくれるサロンやクリニックを選んで、相談するといい考えがまとまってきます。多くの人が選択しているデザインに少しばかりアレンジを加えるといい感じにまとまることかが多いように思います。

IラインはVラインのデザインの影響を受ける

Iラインを剃る時はVラインのデザインに揃うように剃っていきます。といっても、Oラインにつながる部分は限りなくツルツルに仕上げるのが普通です。

Vラインのデザインを、もじゃもじゃ、ボウホヴの箇所の毛を減らして、ラインを出して形を整えるという場合は、見た目に違和感が出ないようにIラインとVラインのつながる部分を少し残して処理しましょう。

正面から見える範囲を少し残すイメージです。Vラインが少し多めなのに、いきなりIラインだけがツルツルだと違和感が残りますので、これを避けるイメージです。

Vラインをすべて無くす、ほぼ無くす、毛量を相当減らす場合は、原則Iラインもすべて無くす、ツルツル処理にするのがベストです。

自己処理で全部剃る際は、傷をつけて雑菌などが傷口から入ってしまうなどの恐れがあるため、粘膜部分の毛は剃らないようにしましょう。自己処理には限界のある部位ですので、ある程度の剃毛であとはプロにお任せするのがオススメです。

Oラインの自己処理はやめるべき

VラインとIラインの剃毛は、追加料金が発生することが多いのですが、Oラインの剃毛については無料で対応してくれるところが多くなっています。また、たとえばフレイアクリニックなら、VIOラインすべて追加のシェービング料金はとられません。

鏡を床に置いてしゃがんだ状態で自分で行うにしても、手を正確に動かすことが難しいと思われるので、よほど器用な方以外はお勧めできません。

Oラインは無理をせずに、無料、有料にかかわらずプロのスタッフに任せることをオススメします。


関連記事
Oライン脱毛のよくある疑問

VIO脱毛の際に、Vラインだけの脱毛だけできないかと悩む人も多いはずです。しかし、VIOに手を出すなら、IラインもOライ ...

続きを見る

まとめ

まとめ

  • 自分のVラインは愛用の下着や水着のラインを参考にしよう
  • VラインとIラインのつながりをしっかりデザインしよう
  • Oラインは自分で処理しないほうがベター

サイトトップ

-VIO, クリニック, ケア, サロン, 剃毛, 脱毛
-, , , ,

Copyright© 粋脱毛小町 , 2019 All Rights Reserved.