ムダ毛とサヨナラ、粋小町のキレイな身だしなみ!

粋脱毛小町

生理

VIO ケア 脱毛

生理中に脱毛に通える?生理中の脱毛効果とその影響は?

生理中に脱毛施術に通うことのメリット、デメリットは?

毛周期に合わせて2~3か月おきの定期的な脱毛が必要なサロンの光脱毛ですが、脱毛をしていると、脱毛予定日と生理が重なってしまうことも少なくありません。実際に生理中に脱毛施術をしてもらっても問題ないのか気になる方も多いのではないでしょうか。ここでは、生理中の脱毛の注意点についてみていきます。

生理中でも脱毛できるの?

生理中の脱毛は、クリニック、サロンによっても対応は一定していません。生理中の脱毛に一切対応していないところもあれば、部位によっては脱毛をしてくれる場合もあります。といっても、生理中の脱毛はいくつかのデメリットがあるので、なるべくなら避けた方が無難です。

生理中であっても脱毛できる部位がある

生理中の脱毛はなるべく控えるのが無難ですが、予約をキャンセルすると次の予約が入りにくいなど、何とか予定通り済ませたいという場合があります。結論から言えば、生理中でも多くの部位は脱毛施術が可能です。

生理中でも脱毛できる部位はどこ?

生理の影響を直接受けるデリケートゾーン以外、ワキ、腕、足、背中、顔の脱毛なら、生理中でも多くのクリニックやサロンで脱毛を行うことができます。

生理中には脱毛できない部位はどこ?

生理中の脱毛ができない部位は、VIO脱毛です。医療レーザー脱毛をクリニックで行う場合は、医師の診断の下で、タンポンなどの使用を前提でVIO脱毛の施術をしてくれるところもあるのですが、原則は生理中のVIOの脱毛はできないと考えておくのがいいと思います。ほぼすべてのサロンでは、生理中の経血の処理という点で、衛生管理の面から脱毛施術を拒むのが普通です。

なぜ?、生理中の脱毛がおすすめできない理由は?

生理中 生理中であっても、クリニックやサロンでは部位によっては脱毛施術を行ってくれますが、できれば控えるほうが無難です。施術を行うスタッフの立場を考えてもよく理解できると思います。クリニックやサロン側としては、衛生面の管理ができて、他の顧客に影響しないのであれば施術そのものは行ってくれます。しかし、施術を受ける側としては、わざわざ生理中に脱毛してしまうと、あまりよくないことが多いのです。

生理中は肌は敏感で、しかも弱っている

レーザー・光脱毛では毛根の細胞を攻撃するだけでなく、肌の常在菌など皮膚のバリア機能の役割を担う細菌類も攻撃してしまいます。生理中の肌は敏感になりがちなので、ほんのわずかにでもバリア機能が低下すると、脱毛施術により肌トラブルを起こすリスクが高くなります。

生理中はいつもより痛みを感じやすい

生理中は肌が敏感になりやすい傾向があり、施術後に肌の赤みが生じてしまいがちです。人によっては脱毛施術による痛みも、いつもより痛く感じがちですので、脱毛が苦痛になりかねません。

生理中でも脱毛効果は同じなの?

生理中の脱毛をお勧めしない理由として「脱毛効果が得られない」と短絡的に言われることがあります。これは、かなり誤解を生む表現でです。生理中はホルモンバランスが変化しますが、それがもとで脱毛効果が下がるわけではありません。むしろ、生理中に脱毛施術の痛みを感じすぎるので、脱毛機の出力レベルを下げて施術が行われてしまい、弱い出力ゆえに脱毛効果も低下します。これが直接的な理由で、脱毛効果が得られないと説明されているわけです。決して、生理中どうのこうのが脱毛効果を下げているわけではありません。

生理中の衛生トラブルは御法度です!

生理の時は、衛生面からも脱毛に注意すべきです。経血などの血液を介して感染症などにかかることがあります。クリニック(医療機関)では脱毛の施術は手袋をして、衛生管理に注意を払い行われますが、医療機関ではないサロンの場合は、そもそも生理中にその部位を扱うようなことはマニュアルになく、感染症などの検査を行うすべもありません。
渋谷美容外科クリニック
施術者の立場からも、他人の経血は見たくない、女性同士なら生理の独特な臭いも感じてしまいます。経血がベッドや機械に付着すると脱毛サロンのデメリットも無視できません。自分が他人の経血のついたベッド(施術台)に寝かされて、施術されたらどう感じるでしょうか。施術台を汚してしまうと、その掃除に時間をとられます。さらに合、血液を介して何らかの病気に感染するするようなことが起きたら、大きな経営的にも打撃になる事故になります。

生理前後の脱毛はやってもいい?

生理中 生理中の脱毛は、たとえVIO以外であってもあまりおすすめしないのですが、生理の直前や生理終の脱毛は何か問題はあるでしょうか。 もちろん、問題なんてありません。そもそも脱毛は、生理前か生理後に行うのが普通です。さらに踏み込めば、生理後はむしろ、体調のバランスも取りやすく、肌の調子がよくなっているので、脱毛には適したいるといえます。 一方で、生理直前は要注意です。脱毛そのものはできますが、肌の調子も簡単に崩れ、気分も落ち込みやすいので、脱毛には必ずしもベストとは言えないと心得ておくといいと思います。あくまで、「直前」についての限定的な注意です。

生理周期をうまく使って効果的脱毛をしよう

個人差は当然ありますが、一般的な生理周期は28~32日周期とされ、「月経期」「卵胞期」「排卵期」「黄体期」の4つの周期に分けられます。 ホルモンバランスもこの生理周期のバイオリズムに合わせて変化していますが、「卵胞期」に脱毛をすることで効果的な脱毛が期待できます。 卵胞期は女性ホルモンの代表的「エストロゲン」の分泌量が増え、肌ツヤも自律神経が安定します。肌の水分量も増えるため、脱毛での肌ダメージの影響を受けにくい、回復しやすいなど、肌に負担を強いることが行いやすいからです。

妊娠中は脱毛施術は受けてはいけない

生理中と同じ理由で妊娠中の人はホルモンバランスが不安定であるため施術を受けることはできません。 妊娠中は妊娠前と比べて女性ホルモンの「エストロゲン」、「プロゲステロン」が増加し、それによって体毛(お腹の毛)が濃くなったり、体の各部位が黒ずんだりすることもあります。 マタニティーフォトを撮るときに、ムダ毛が気になって、妊娠中に脱毛したいと考えてしまうことがあるかもしれませんが、自分のことを考えれば施術を受けないのがベストです。 脱毛は出産後、月経期が安定しはじめるとできるようになります。

脱毛予約日に生理になってしまったらどうする?

脱毛予約日をまたいで生理が始まってしまったときは、まず、受けるクリニックやサロンに連絡しましょう。 前もって指定時刻(前々日、前日までが普通)までにキャンセルの連絡をすれば施術日の変更に無対応してくれるところが多いはずです。 格安が売りのサロンだと、生理が理由であってもキャンセルすれば、ペナルティを課すところもあります。また、当日キャンセルの場合、ほとんどのクリニックやサロンでは施術1回分を消費する対応になっています。一回分が施術をせずになくなりますので、できる限り回避したいですね。 生理予定日が近づいたら、早めに連絡して施術日のスケジュールを立て直しましょう。 脱毛期間中、ケアの予約を取るときは、自分の月経サイクルを参考に生理予定日と重ならない日程を指定することもポイントです。 月経サイクルが乱れていて、生理予定日を把握しにくいという人は、脱毛クリニックやサロンを決める際に、生理中のキャンセルの対応も合わせてチェックしてみるとよいでしょう。

脱毛を受けるには体調管理も大切!

生理中の脱毛は、クリニックやサロンによっても対応が異なることは先ほど述べました。たとえ生理中の対応ができるところでも、わざわざその日に脱毛施術を受ける意味合いは小さいと思います。 生理がほぼ終わって出血がほとんどない状態でも、肌の調子が戻っていないのであれば、一日ほど様子を見るようにしましょう。 自分の月経サイクルを確認、把握して、肌や体の調子がよいときに脱毛の予約を入れるように心がけてみてください。
関連記事
東京
厳選 東京の女性専用脱毛クリニック選び

脱毛クリニックを選ぶときに、何に注目するべきでしょうか。 クリニックですので、原則医師が診断し、医師もしくは看護師が施術 ...

続きを見る

まとめ

生理中の脱毛についてのまとめ

  • 生理中の脱毛対応はサロンやクリニックによって変わる
  • 基本的に生理中のVIO脱毛はできない
  • 生理中でもワキ・腕・脚・背中・鼻下などの部位は脱毛可能
  • 生理中や妊娠中はホルモンバランスが不安定でトラブルが起きやすいため施術は避ける
  • 脱毛施術予約日と生理予定日が重なりそうな場合は事前に報告して対応してもらおう
  • 施術はなんだかんだ言っても体調が万全な時に受けるべき
生理中でも部位によっては施術を受けることができますが、デメリットも考えると他の日にスケジュールを組みなおす方が、ストレスなく安心して脱毛施術を受けることができます。無理をせず、自分の体調と相談してあげることを忘れないでください。
エルクリニック 「ハイジーナ脱毛」

-VIO, ケア, 脱毛
-, ,

Copyright© 粋脱毛小町 , 2019 All Rights Reserved.