ムダ毛とサヨナラ、粋小町のキレイな身だしなみ!

粋脱毛小町

VIO クリニック サロン

Oライン脱毛のよくある疑問

VIO脱毛の際に、Vラインだけの脱毛だけできないかと悩む人も多いはずです。しかし、VIOに手を出すなら、IラインもOラインも同時に施術してもらうのがお勧めです。むしろ、VラインよりIラインとOライン脱毛の方が実用的で、実生活に有益です。ここでは、Oラインにポイントを絞って、気になる疑問を見ていきましょう。

Oライン脱毛についてのQ&A

お尻の臭い(体臭)が気になって、ましてOライン脱毛には踏み切れません

Iライン、Oライン脱毛の際に多くの人が気にするのがニオイ(臭い)です。特にOライン脱毛の時にお尻の臭いは気にする女の子は少なくありません。「施術中に臭ってしまったら恥ずかしい」と思いきれない人も少なくないはず。

サロンでもクリニックでも、現場のスタッフは日常業務で多くの人の施術を行うので、ニオイそのものは気になりません。そもそも、Oライン脱毛を行いたい人の多くは、脱毛によるニオイの解消を目的(衛生目的)とすることが多いので、少し臭い程度だとスタッフにはむしろ安心感すら生まれます。それはスタッフがそのことを十分理解しているからで、普通にしていれば神経質になる必要はありません。

ニオイそのものは気にしなくて構いませんが、汚れの方は自分でしっかり整えられますのでエチケットとしてしっかりしておきましょう。清潔な状態で施術を受けるためには、事前にウォシュレットやシャワートイレで洗っておく、もしくはウェットティッシュで拭いておくなど綺麗にしておのがお勧めです。

サロンやクリニックによっては、ウェットティッシュなどを用意してくれますが、念を押して自分で用意かつ事前ウォシュレットが安心です。間違っても、ニオイをごまかすために香水やコロンを使わないようにしましょう。

sanae
事前ウォシュレット(シャワートイレ)は効果的なニオイ対策ですが、ウォシュレットの後、強く拭かないようにしてください。施術直前に肌をこすって、肌にダメージを与えてしまうのはマイナスです。さっと乾燥させて、さっと拭く程度で大丈夫です。また、必要以上に強い水圧で洗うのもNGです。

Oラインの脱毛施術中、オナラが出たらどうしよう?

ニオイと同じく、Oラインの脱毛で心配するのが「施術中にオナラが出てしまうこと」を恐れて踏み出せないという悩みです。施術中は肛門付近に光やレーザー刺激が来るため、敏感な方はオナラが出てしまうこともあります。

しかし、施術者はプロで、普通はマスクをしています。Oラインに光やレーザーを与える以上、どうなるかは熟知しています。オナラは生理現象ですので、仮におならをしてしまっても、スタッフはまず気にならない、気にしないのが普通です。

念のため、施術中のオナラ防止対策としては、施術10時間前から炭酸飲料を控える、食物繊維の取りすぎを防ぐ、普段から腸内環境を整え便秘を解消しておくなど、さらに、万が一オナラをしても臭いが抑えられるよう、肉類なども施術前日からセーブしておくのがお勧めです。ただし、気にしすぎる必要はなく、万全のコンディションで施術を受けることが最優先です。結論としては、Oラインさえ汚れてさえいなければ、オナラをしても気にする必要はない、自然体で施術を受けるのがベストです。

Vitule(ヴィトゥレ)

ワタシのOライン、黒ずんでいるけど脱毛はできる?

Oラインは少なからず色素沈着があるのが普通です。一般的な黒ずみや色素沈着の場合、多少痛みが増すことはあるものの、光やレーザー照射ができるのが普通です。例外的に黒ずみが、本来の肌の色と違いすぎる場合、ムダ毛と色が変わらないような場合、サロンやクリニック次第ですが照射を断られることもあります。

これも、断られるのは光やレーザー照射による脱毛で、針脱毛(ニードル脱毛)なら問題なく施術できます。光、レーザー脱毛は黒い色に反応をする性質を利用して、毛根に含まれるメラニン色素に反応させて毛乳頭にダメージを与える脱毛方法です。だから、皮膚の黒ずみや色素沈着のある部分にも反応をして火傷などを起こしてしまうリスクが高まるため、施術が断られてしまうことがあるのです。

黒ずみの目安ですが、Oラインのムダ毛と同じくらい黒い場合は、光、レーザー脱毛ともに不可能と考えてよいですが、色の違いがはっきりある場合は、できるのが普通です。サロンやクリニックによって「照射できる」「できない」の範囲は違いますので、専門家、レーザー指導専門医の診断を仰ぐのがよいでしょう。気になる方はまずカウンセリングで相談をしてみてください。

【VIO脱毛Dione】敏感肌専門 脱毛サロン ディオーネ

肌の色に依存しない脱毛機もあるので、例えば、ダイオードレーザーの「メディオスターNeXT PRO」を使用しているクリニックや、「SHR脱毛」を採用しているストラッシュ(STLASSH)ラココ、「ハイパースキン法」のディオーネ(Dione)といったサロンを利用するのも一つの方法です。黒ずみを心配せずに脱毛することができます。

ストラッシュ

痔なんですが、Oラインの脱毛はできますか?

痔には「切れ痔」「いぼ痔」などいくつか種類がありますが、原則、痔がある人はOライン脱毛を受けることはできません

痔は患部だけでなくその周辺まで炎症が及んでいるのが普通で、皮膚も過敏な状態です。この状態の皮膚に光、レーザー照射をすると痔の症状を悪化させるリスクが高くなります。そのため、痔を患っている方のOライン脱毛は断られるのが普通です。まずは肛門科などを受診し、患部をしっかりと治療をする事から始めましょう。Oラインの脱毛は衛生が主目的ですので、痔をまず治療するというのは理にかなっています。

Oラインまわりに、皮膚痔「スキンタグ(肛門皮垂)」がある場合でもOライン脱毛をする事ができます。スキンタグは肛門周囲の皮膚の一部が炎症をおこして腫れが生じ、そのはれが引いた後に皮膚のたるみ(皮膚痔)が生じたものです。女性の場合、長引く裂肛や出産によってできることがありますね。普通のスキンタグ程度(ただし、くぼみ部分に炎症などが起きていない場合に限る)であればOライン脱毛をすることができます。
tomoko


まとめ

まとめ

  • Oラインの臭いと汚れていることは別なので、汚れの方は事前に拭いてエチケット
  • ウォシュレット(シャワートイレ)は効果的なニオイ対策、でも強く拭かないように
  • 痔がある方は、まずその治療から始めましょう

サイトトップ

関連記事
Vラインをキメるための処理方法は?

VIO脱毛を考える人で、一番悩むとしたら、それはVラインでしょう。IラインやOラインをどう処理するかで悩む人はあまりいま ...

続きを見る

-VIO, クリニック, サロン
-, ,

Copyright© 粋脱毛小町 , 2019 All Rights Reserved.