ムダ毛とサヨナラ、粋小町のキレイな身だしなみ!

粋脱毛小町

bikini-vio

VIO 脱毛

デリケートゾーンの脱毛はもう常識・新常識!?

処理しないなんて、ありえない?

女の身だしなみとして「新しい常識」になりつつある「VIO」、本当に、20代にとってはやってて当然になりつつある脱毛。それがデリケートゾーンのVIO(ハイジニーナ)脱毛ってヤツです。

怠るともっとも恥ずかしいもの、それは身だしなみとしての「ムダ毛処理」。ワキ毛やスネ毛を異性に見られたり、後輩に見られたりすれば知らないところでどう言われるかわかったもんじゃありません。その恥ずかしいムダ毛の範囲が、いわゆるデリケートゾーンにも広がってきていることは、女子力を誇るイイ女なら知っておくべき。少なくとも20代ではもう常識。都会の方では10代後半から当たり前になっている。30代は今のところ女子力、仕事中毒、未婚など本人の状態次第というところか。40代以降はそれほど頻繁に人前で水着姿にはならないだろうから、VIOは常識とまでは行かないはず、でもカッコイイお姉様は怠りありません。

そもそも誰に見られるの?

結婚していたら、そもそも旦那以外には見せることもないはずなんだけど、旦那の反応も鈍くなってきたらコレが原因かとも思ってしまう。夫婦でこうなら、若いカップルなら常識というのも頷ける。もちろん、VIOにこだわるかどうかはまったくもって個人の自由だし、そもそも他人においそれと見せるところではないし、見られたくない、とはいえ、イザとなったら何か言い訳してお茶を濁すのか、愛情表現を誤解されないか。やはり、処理しておかないと本当に恥をかくご時世になっているとしたら?

そもそも相談したことある?

そもそもが、ムダ毛はともかくその処理など日常的な話題になるはずもなく、特にVIO処理をしているかどうかなんて相談できる人もいないし、されても困る。でも活動的な女子はどうしているのかわからないまま、自分だけ恥をかくことは避けたいので、ここで思いをぶちまけてみたい。VIO脱毛って何なのって思う子がいたら、グーグル先生に聞いて見るのもよし、私の雑な説明で納得してくれるなら、アンダーヘア無しの赤ちゃんにしてしまう脱毛のこと。体毛がないわけだから、ご想像の通りツルツルになる。なんとか動画の外人版なんてのを、恋人や先輩後輩女子と観たことがある方は、アレです、あのツルツルの感じです。

LEVIGA CLINIC

お母さん世代の40代以上にとっては、ちょっと衝撃的な事実になるのかも。あんなのビデオや映画の世界だけじゃないの、と思うかも。むしろ、毛が少ないことが悩みだった今の時代だと大幸運な人もいるのかも。でも、現在は多くの人がこれをサロンやクリニックで相談にのってもらって、しっかり脱毛しちゃう時代になっている。

お母さんはどうなの!?

この記事を読んでいるお母さん世代にも言っておきたい。実のところ思春期を迎える女子、中学生、高校生の女子こそ、ホントに脱毛の必要に迫られるのかもしれない。ある程度のオトナになったら、同性間でスカートめくりやいきなりわしづかみにするようなジョークはやらないけれど、高校生ぐらいまでは体育や健康診断のときに被害にあった人は多いのです、もちろん本人の性格気性次第だけど。幸いイジメに発展することはなかったにせよ、もし毛が濃かったりしたらどんなあだ名をつけられたものかわかったものじゃない、傷つき方は今の何倍だろう。つまり、もし思春期の子供、特に娘がいるお母さんはこの気持ちを察してあげるべき!

sanae
実は、介護経験のあるお母さん世代は、娘とは全く違った理由でVIO脱毛するのよ。剃るのはダメ、永久脱毛にする必要があるの。理由は一番最後にちょこっと書いておくから、気になることは最後まで飛ばして読んでみて!

出会いが大切な世代の身だしなみ

なんとか無事に義務教育を耐えた後も、今度は本番の20代(もちろん30代も本番です)が待っている。幸い、10代以降の若者層をターゲットにした超激安の脱毛サロンも増殖しているけれど、そもそも、使う機器を見てみればそんなに安くできるワケもない。ましてや、脱毛は一回限りの施術でケリがつくほど楽なモノではなく、学生時代の塾や予備校のように通って仕上げる性質のモノだ。一年近く(場合によってはそれ以上)何度も繰り返し施術を受ける必要がある上に、その後も定期的にメンテに通わなければ脱毛小町には慣れない。時間も金額もヘアサロンより脱毛クリニックに行くのが、マナー・エチケット化しているのが現在なのだ。

ムダ毛をどう思う?

温泉で一緒になった、20代前半女子に「そこのムダ毛をどう思う?」と聞くと「ありえない」という答えが返ってきた。処理している子とそうでない子の間には、大きくて長い壁が存在するようだ。処理すれば、「肌がツルツルするし、黒ずみも取れて、生理の時も清潔を保てる」とほぼ常識化、さらに「ムダ毛を残したまま温泉に入れないし、恋愛できない」とアッケラカン。こんな会話が私とできるくらいだから、男性の見る目も変わりつつあって、やはり若い男たちには「それが女子の身だしなみ」だと定着化しつつある。

そういう常識を持つ男女が増えてきつつある以上、イイ女子はそれこそもう知らなかったでは済まされない。

50代以降のムダ毛処理は?

まだ10代の小娘世代からすれば、50代や60代のムダ毛処理に興味はないだろう。けれども、この世代が若者とふれあう空間にいる場合は話が変わってくる。惰性で職業的に様々な世代と接触があるケースは、自分らしく振る舞っていればいいのだけれど、これがスポーツクラブなんかだとムダ毛対策は無視できないのだ。若い人の状態を実際目にして、止むに止まれずやってくるということらしい。

さらに、50代以降の女性はもっと高齢化社会の現実を見据えた目的もあって、身内の介護から自分が将来そうなったときを見据えてVIO脱毛するという人も増えてきている。確かに、介護する側としても脱毛していてくれた方が扱いやすく、頷いてしまう。10代の年頃の娘をつれてVIO脱毛にやってくる親子の話を聞いたことがあるけど、娘さんは美容対策、お母さんは将来の介護を見据えてだから、方向が全く違うように感じたけれど、将来役に立つならいつ行っても良さそうだ。

スタンダード月額

-VIO, 脱毛
-, ,

Copyright© 粋脱毛小町 , 2019 All Rights Reserved.