ムダ毛とサヨナラ、粋小町のキレイな身だしなみ!

粋脱毛小町

jeans vio

VIO クリニック 体験 寄稿 脱毛

[体験談]VIO脱毛で超えるべき3つの難関

いろいろ考えることがあって、VIO脱毛を始めました。私は脱毛初体験の30代です。

※編集注:寄稿文では具体的な金額とクリニック名が書かれていましたがおおよその表記に変えました。

VIO脱毛で超えるべき3つの難関に挑む

VIO脱毛は普段の日常生活に影響する実用的な脱毛ですので、私なりに調べました。共通して聞こえてきた意見は、「メラニン多めのVIOゾーンは痛みがち」ということです。体験者に痛みの種類を表現してもらいましたが、まちまちで実際に経験してみないとよくわからないと感じました。痛みでレーザー照射ゾーンが動いてしまうと、時間がかかるなどの声を参考に麻酔が利用できるということで、脱毛クリニックに通うことにしました。

脱毛施術前にカウンセリングを受ける

脱毛施術の日はまだ決めていませんが、VIO脱毛を受けると決めましたので、私の場合の脱毛に必要期間や、毛周期、どのあたりまで(毛の量や生えているエリア)脱毛施術をするのかの相談を受けました。私の場合は、妙齢の女医さんで最近のデザインの傾向など、かなり話をしてくれました。彼女自身もVIO脱毛済みだそうです。生理の時にどうかなど、ネットなどではわかりきれない点を、実際に体験済みの医師の経験からアドバイスしてもらえたので、この点は安心しました。

難関1 痛み対策に施術前の麻酔

クリニック(医療期間)だと麻酔が使えるということは知っていましたが、調べる前は歯医者などでよく行われる注射の事だと思っていました。医師のカウンセリングでは2種類の麻酔法の説明がありました。1つ目は外用局所麻酔剤を脱毛部位周辺に塗るというタイプ。2つ目は笑気ガスを吸うというタイプです。この2つは併用することもできるそうです。どちらの方がよく効くかは、医師の診断で判断すると良いと思いますが、私は塗るタイプの外用局所麻酔剤を選びました。

笑気ガスは、歯科医院などに通っていて他の麻酔を使用している場合、その上に外用局所麻酔剤を使用してしまうと、血圧を下げてしまうケースがあります。そのような場合に主に使用します。
YuKo
YuKo

処方してもらった、塗るタイプの麻酔は塗ってから効き始めるまでに30分ほど必要なので、施術前に自分で脱毛部位に塗る必要があります。看護師さんがすべて塗ってくれたりするわけではないみたいです。

LEVIGA CLINIC

次のページへ >

-VIO, クリニック, 体験, 寄稿, 脱毛
-, , ,

Copyright© 粋脱毛小町 , 2019 All Rights Reserved.